南禅寺

亀山天皇が文永元年(1264)にこの地に離宮を造営しました。天皇はのちに出家し、正応4年(1291)に東福寺の大明国師(無関普門)を迎えて離宮を禅林寺としました。その後、禅林寺は寺号を南禅寺と変え、室町時代には京都五山の第一位になり、さらに足利義満から「五山之上」とされました。

比叡山との争いや応仁の乱の兵火で伽藍は全て消失してしまいましたが、江戸時代になり、家康の臣下である以心崇伝が復興をしました。崇伝の助言により藤堂高虎が三門を寄進しています。藤堂は大坂夏の陣に倒れた将兵を弔うために寛永5年(1628)に三門を建てました。その時期に他の伽藍も再建されました。

三門は、天下竜門とよばれています。焦げ茶色の柱が並び、建材として用いられている大木の力強さを間近で見ることができます。秋になると紅葉も綺麗です。楼上にも登ることができます。五鳳楼とよばれる楼上には、十六羅漢や釈迦坐像の他、狩野探幽による天人や鳳凰が描かれています。石川五右衛門が「絶景かな」といったという歌舞伎の『楼門五三桐(さんもんごさんのきり)』で有名です。ただ、石川五右衛門がいた時代にはまだ三門は再建されていなかったそうです。三門はそれほど芝居掛かった見事な建物だということでしょう。私は南禅寺に行くといつも必ず、三門の石段に腰掛けて休憩します。

明治時代に入って仏殿と法堂は再び焼失してしまいます。現在の法堂は明治42年(1909)の再建です。

大方丈と小方丈は江戸時代の初期に以心崇伝によって復興されました。大方丈は、豊臣秀吉が建造した女院御所の対面御殿を移築しているそうです。小方丈は、伏見城の小書院を移築しています。つまり、安土桃山時代の建築物になります。大方丈前の庭園は、小堀遠州によるものとされており、通称『虎の児渡し』とよばれています。大きな岩が親の虎で、他の小さな岩が子供の虎と見立てることができます。枯山水の白砂に描かれた流水の模様は急流を表現しているのでしょうか。

大方丈と小方丈には、安土桃山時代の狩野派による襖絵があります。大方丈には、狩野永徳の『二十四孝図』があります。小方丈には、狩野探幽による襖絵『群虎図』があります。金箔の襖に描かれた緑色の竹林から黄色と黒のまだらになった虎が出てきて、一頭の虎は泉の水を舌を出して飲んでいる、という図です。通称、『水呑みの虎』です。南禅寺で御朱印帳を購入すると、この虎の絵の表紙のものを選べます。

方丈奥には茶室があり、南禅寺垣といわれる垣根があります。

南禅寺の境内は広いです。方丈の南側に琵琶湖疏水を流すレンガのアーチ橋である水路閣ができました。明治23年のことです。南禅院(南禅寺塔頭)の目の前を通る近代的な水道橋の建設は、当時は大事件であったらしいです。

水は橋の上を流れていて、意外なことに西の方から東山の向きに流れています。水の流れを見下ろすことができる地点もあります。ここの疏水は蹴上から北白川方面の分流で、哲学の道に続いてゆきます。

基本情報