光明院(東福寺塔頭)

東福寺の南の六波羅門という、古めかしい門をくぐって南に市街地の中を歩いてゆくと、左手に光明院があります。これは明徳2年(1391)に作られた東福寺の塔頭です。

受付に人がいないこともあり、竹の筒に志納金を納めます。

このお寺で有名なのは昭和14年に重森三玲が作った「波心の庭」。多くの石が並んでいます。サツキやツツジの刈り込まれた植木に取り囲まれた、白砂と苔の枯山水庭園です。重森三玲は昭和の時期に活躍した作庭家で、東福寺の方丈の庭も作っています。現代的な感性で庭を作るといわれています。

光明院の書院には、波心の庭を望める部屋があり、机まであります。この机のある小部屋でゆっくりできるのが現代風のお寺の過ごし方なのかな、と思います。居間のように落ちていていられるので、ぼんやりと物思いにふけってしまいます。襖の雲の模様も庭に似合っています。光明院では、この襖の模様の朱印帳が販売されています。

床の間の掛け軸には、「雲は嶺上に生ずることなく、月は波心に落つること有り」という禅の言葉が漢文で書いてあります。

庭を取り囲むように書院が伸びていて、向こうの奥の方には庭園を二階から見下ろすことのできる立体的な構造の茶亭があります。この前来た時には登れましたが、今回は行けませんでした。いつも利用できるわけではないようです。

庭の石の配置は、龍安寺の石庭などに比べると、石の数が多いです。また、なんにも無い広い白砂だけの空間を残していないという点で現代的ともいえそうです。波心の庭の白砂は池を表現しているようですから、枯山水の池泉庭園となっています。

秋には、紅葉と苔の織りなす効果から「虹の苔寺」とよばれているそうです。常緑樹のサツキもあって、カラフルになるのでしょう。

東福寺の周りには多くの塔頭があり、徒歩でまわることができます。

基本情報

よみがな こうみょういん

アクセス  JR奈良線「東福寺駅」下車徒歩約15分、京阪本線「鳥羽街道駅」下車徒歩約7分

拝観料  志納 

拝観時間  7:00頃〜日没

休日 なし

住所 京都市東山区本町15丁目809

電話 075-561-7317