高台寺

円山公園から南に京の坂道(二年坂、ねねの道)を下った所にあります。霊山の麓にあり、萩の名所とも知られています。詳しくは高台聖寿禅寺といいます。山号は鷲峰山。境内には本堂、庫裏、開山堂、霊屋、(遺芳庵)、表門(薬医門)、傘亭、時雨亭の2茶亭があり、見所が多いです。江戸時代の火災で消失し、創建当初のものが残っているのは開山堂、霊屋、表門だけです。

豊臣秀吉の夫人、北政所高台院が秀吉の冥福を祈るために、1606(慶長11)年に創建した寺です。徳川家康は北政所の歓心を買うため、財を惜しまず造営を援助したので、壮麗な寺院でした。当初は曹洞宗、のちに建仁寺の三江和尚を中興開山に迎えて臨済宗に改めました。臨済宗建仁寺派です。

ねねと関係の深い高台寺の中に、遺芳庵があります。遺芳庵は吉野太夫にゆかりのある建物で、明治時代に移築されています。初代吉野太夫は安土桃山時代の人で、才色兼備の名妓でした。丸い吉野窓があります。丸の下の部分が直線になっているのは、完全な丸なら悟りに達した姿で、まだ悟りに達してはいないということを表現しているとか。

開山堂と霊屋は、臥龍廊(がりゅうろう)という石段の廊下で繋がれています。

開山堂から霊屋にかけて広がる庭は、小堀遠州が作ったといわれています。鶴亀の池があり、東山を借景にしています。

霊屋は、北政所、ねねの墓所になっています。当時では珍しい恋愛結婚をした秀吉とねねを思い出す場所です。ねねは大坂夏の陣と関ヶ原の戦いの後、徳川の世になっても、秀吉を大切にしていました。

秀吉とねねにゆかりのある高台寺。安土桃山時代から江戸時代初期の日本のことを想像できます。当時から東山は変わらずにあります。

高台寺は今では普通になった夜間拝観を始めたお寺です。映像や音楽などを使って、いろんな工夫をしています。

基本情報