安楽寺

哲学の道から東山の方に5分ほど歩いたところに安楽寺があります。北に法然院、南に大豊神社があります。

とても風情のある、石段の参道と茅葺の山門が迎えてくれます。東山のふもとにあり、とても静かなお寺です。

境内には桜、カエデ、サツキが植えられています。

秋にはとても雰囲気が変わります。山門が燃えるような紅葉に変わります。季節の変化が感じられます。印象的なので写真を撮る人がたくさんいます。この山門は、こじんまりしていて、主張せず、周りの植木に囲まれながら絵画のように調和しております。とても自然を大切にする仏教の教えを感じます。庭師の方も、1つ1つの木々の個性を理解しながら手入れなさっているに違いありません。

山門の前には、とてつもなく大きなカエデの木があるのですが、それを下から撮った写真は迫力がありました。こんなに真っ赤になるんですね、、。

7月に鹿ケ谷カボチャ供養があり、中風除けのご利益があります。

基本情報