四条の京都ゑびす神社の十日ゑびす大祭は1月8日から12日まであります。10日に本ゑびすがあり、11日の残り福祭に行けました。

もう人がいっぱいです。境内はそんなに広くないので、伏見稲荷の初詣よりも混んでしまう時間帯もあります。ときおり、「商売繁盛で笹もってこい」の放送が聞こえたりします。

祇園町からきた舞妓さんによる福笹と福餅の授与がある時間だったので舞妓さんを観ることができました。ゆっくりとお辞儀しながら配ってはります。

吉兆笹を買われた方達は、さらに縁起の良いねずみの絵馬や福鯛や宝船などを買って笹に付けてゆきます。

お参りが終わると、戎様の肩をノックする感じで板をトントンと軽く叩いて帰ります。中には戎様の像があります。

偶然、帰り道で。さっきまで笹を配ってくれていた舞妓さんのようです。お疲れ様でした。

おすすめの記事